FC2ブログ

ゆらゆら ユラリ

真っ直ぐよりも寄り道が面白い頃、思い出すのです。

(82)    晩御飯  

月に何度かの楽しみです。


幼友達のHとネット通じて遊ぶTVゲーム、
今日は彼の車のセッティングにお付き合いです。

              DSC06031.jpg

我が家のTVに映る ” 彼のゲームの様子 ” 今ではこんなコトも出来るのです。
画面の中に昨日の走行距離が示されていて、、、300kmを越えています。

普通に遊べば1時間で50kmほどですから、、余程速い車でも4時間以上はかかるハズ!
梅雨の雨で外出できないからと言っても ” 老体 ” にはキツイハズです。

「昨日は随分遊んだみたいだネ」

                                         「そうだったかなぁ?」

Hの、新しい記憶はスグに消えて行くのです。
奥さんに聞いてみます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ヘッドホンから聞こえる、、「お久しぶり」の声です。
まずは、状況の説明から、、

画面のココに出ていますから、、と、
明日からのチェックをお願いしておきます。


ただのTVゲームですが、ハンドルやブレーキ操作など本物と変わらないモノです。
ソレナリの疲れや身体の異状にも繋がるかも知れません。。
 
「そういえば、、昨日は2度も着替えていました」
どうやら、ゲームに夢中で大汗をかいた様です。


梅雨の雨で散歩にも出ないで運動不足、
座って、手足だけ動かしてるのは身体にも良くないでしょう。

一か月間の走行距離を確認する方法をお教えしておきます。
勿論、Hには何の事だか判らないのでしょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
楽しいゲームの時間は過ぎて、、「また来週、、」と別たのです、、が、、
まだ、明るさの残る夕方に、


Hの奥さんからの電話です。
「注意した後のお昼ご飯、運動しないのだからと品数を減らした」そうで、
「そしたら、、夕飯の前に、、」と、笑い声です。

        晩御飯-3


Hも一生懸命頑張っているのです。
減らされては大変と、夕飯前の散歩に傘さして出かけたのです。

食べる事と眠る事、TVゲームが大好きなHです。

晩御飯-2
(写真はネットよりお借りしました)


きっと、、
元に戻った品数の晩御飯、美味しく頂いているのでしょう。
メデタシでした。
スポンサーサイト



CM: 2
TB: --

(81)    半分 

            DSC06023.jpg

 車で1時間程の距離にあるハム屋さんまでのドライブ、
時々、ポツポツと降る雨も傘は無くても大丈夫そう?

成長した稲の緑も楽しめました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


帰宅して?
見上げた空には明るささえ感じます。

「コレなら、、行けそうです」


 着替えを済ませて、、いつもの散歩に出かけます。
万一に備えて、右手に持った大き目の傘、

真ん中を握った逆さの傘でリズム取って歩きます。
南からの風が脇をすり抜けて行きます。


湿度の高い風ですから涼しくは感じませんが、、暑くもありません。
30度を超える暑さに比べたら、、まだマシでしょう。

腕や肩を大きく回しながら歩きます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 散歩の、、折り返しの手前の信号機のトコロ、
大きく振った手に冷たい感触です?

歩道の脇の水溜まりに波紋が広がって、
ハハ、、ついに降り出しました。


      DSC06026.jpg

広げた傘の上にポッポッと音を立てる雨粒です。
Uターンして帰り道です。

風に合わせて傾けた傘、
南西からの強さを増した風に揺らされて、
跳ね飛んだ雫で濡れるひざ下です。

傘の柄を両手で支えて歩きます。

DSC06027.jpg


振り返る道の向こうに霞む景色です。
歩く人などいないのです。

雨に降られた ” 運の悪さ ”
それとも梅雨の間に楽しめた片道の ” 幸運 ” でしょうか?

トットコ トットコ急ぎ足です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 濡れた傘の雫を払った駐車場に遅れて咲いた紫陽花の一枝です。

DSC06028.jpg


他のはミンナ枯れてしまって、
遅れたお陰の ” ヒトリ咲き ”

良いも悪いも半分ずつでしょうか?

せめて、良い方をしっかり楽しみたいモノです。
CM: 4
TB: --

(80)    心配 

 バイクの後輩で一番若いH君からの電話です。

一人娘の ” 奈緒ちゃん ” (私には孫娘みたいな存在です)の高校生活が始まっての近況報告です。
受験勉強からコロナ騒ぎで遅れた入学式まで心配の連続だったと、
半年を振り返る「ムスメが一番大切」と言い切るパパの思いです。

親子-3

バイクに乗るパパの背中にしがみついていた小さな女の子は成長して、、もう立派な ” 御嬢さん ” ですから、
後部座席なんて乗ってはくれないのです。

                -4親子


「それで、、?」
やっと始まった新生活にも慣れた様子で毎日の登校も楽しそう、
「良かったネ」

「それが、、、」 と声も小さくなるのです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 仲良しのクラスメートも出来て、新しい部活動も面白く、、
一体何が心配なのでしょう。


毎日の高校生活を明るく話す言葉の中に見え隠れする ” 先輩 ” の影?
” 親切な先輩 ” で優しくてカッコ良いのだそうです。



 幼い女の子だった奈緒ちゃんが少女を過ぎる頃なのでしょう。
「オレは絶対に許さない!」と荒い鼻息ですが、、、ただの部活の先輩?
この先、、まだまだ沢山のカッコ良い男の子と出会って通り過ぎるコトでしょう。
奈緒ちゃんパパの心配はまだまだ入り口辺り?



親子-2

本人には言えない気持ちが受話器から流れて来ます。
我が家は息子ヒトリで良かったと思うオジイイサンです。


CM: 8
TB: --

(79)    決行! 

 7月の声を聞いて、ついに決行したのです。

あの帽子!
陽射しが覗けば暑さも強い毎日ですから、散歩も自転車も汗が滲むのです。


まずは ” そよ風 ” の中で試してみる事にしました。

鏡の前で入念のチェックです。
パリモダンを感じさせるツバのカーブ?

何とも ” 女性 ” のニオイがする様で?
「気持ちの問題」と背中押すカミさんです。

              DSC06009.jpg

振り絞った勇気、
お尻のポケットにねじ込んでペダルを踏むのです。
駐車場から東に向かう道は僅かな追い風、
速度を増した自転車には少しの向かい風を感じる程度です。

万一を考えて、ツバに取り付けた ” 帽子クリップ ” でシャツの襟と繋げてあります。


さあ、速度を上げて行きます。
通気性の良い素材のお陰で額にまで風が通り抜ける感じ?
ツバの根本の隙間から風が抜けて行きます。

帽子は ” 飛びません ”
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

リュックの中の帽子と交換してみます。

DSC06010.jpg

ツバの広さは変わらないのですが、、風を逃がす隙間がありません。
少し深めに被って、、スタートです。


ハハ、、、ほんの10メートルも進むうちにふわりと浮いて、
帽子クリップのお世話になりました。



やはり、、アノ隙間、効果がある様です。
” ベルヌーイの定理 ” 
流速の早い気流は遅い気流を引き寄せるのです。


納得しての帰り道?
畑の向こうに〇井のオジイチャンの後ろ姿、小さく見つけました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大急ぎでペダルこいで、、帰宅します。


風に飛ばない帽子でも、やっぱり恥ずかしい男心なのです。
CM: 2
TB: --

(78)    ゴソゴソ 

 コノ風と雨では散歩や自転車にも出かけられません。
ストレッチが済んだら ” ステッパー ” 踏みながらTVの天気予報を見ています。

DSC06017.jpg

カミさん用のステッパーの強度ですから、、まるで駆け足みたいな速度です。
ほんの5分くらいで汗が滲みます。

右足の膝に違和感?
古傷がうずくのです。


気圧や天気、膝にかかる負担が大きいとスグに出る危険信号です。
こんな時には、、ゴソゴソ
” ニーブレス ” です。

古い物から並べてみました。

DSC06013.jpg
DSC06012.jpg
DSC06011.jpg

一番上が初期のサポータータイプ、
専らバイクに乗る時に使って、、ヨレヨレになっています。
強度の高いウレタンで膝を固定してくれます。

二番目のモノは外側にアルミの金具が強化されたモノと太腿やふくらはぎ全体を覆う大型のモノ、

三番目が整形外科で勧められたモノと、一番長く使った金属製のオーダーメイド、
これはスキーの外足に使っても抜群の安定感でした。

これ等をズボンの下に装着して過ごした頃、
夏の暑さには速乾性のアンダーウェアや長いソックスで対応して、
それでも擦れる蒸れるの辛さだったのです。
でも、今では違和感を感じた時だけ(室内使い)ズボンの上から装着して、
治まれば外して暮らせます。


40代までの無理が祟って痛みが出た時に言われた医者の言葉、
「歳取ってからが大変だから、、筋肉を鍛えておきなさい」

装具のお陰でバイクもスキーも止める事なく過ごせました。
医者の言葉守って、散歩と自転車も続けたのです。
ハイ、、まだまだ遊びたいのでストレッチも練習も 続けますヨー!

CM: 8
TB: --

▲Page top