FC2ブログ

ゆらゆら ユラリ

真っ直ぐよりも寄り道が面白い頃、思い出すのです。

(46)    小説の地     

オフロードツーリングに出かけた頃、
峠から峠へ、森から森への移動中、見かけた集落です。

小説にもなったと聞いた場所です。

DSC05581.jpg

久しぶりに思い出して曇り空の中、出かけて見たのです。

浜松市の北部の町から北へ、
ダム湖を目指して走ります。

あの頃の馴染みのお店は今ではラーメン屋さんに変わっていて、
トンビを呼び集める名物おじいさんの姿も見えないのです。

        DSC05578.jpg


更に北上してトンネルの手前を左に曲がります。

交通量も格段に少なくなって、
すれ違う車もほとんど見えません。


この先の錆びた橋を渡って右に曲がり、湖に沿って行けば ” 月 ” 


       DSC05583.jpg

ココが世界で一番 ” 月 ” に近い場所です。


小説の名前は    月まで三キロ 
赤い錆びた橋を渡ります。(最初の写真です)
CM: 6
TB: --

(45)    始めてです。 

車やバイクの洗車や整備で使ったウェス、
見てくれは悪くても吸水性や柔らかさ、
お古のバスタオル等、使い古したモノが便利なのです。




先日の修理から ” 新品 ” みたいな性能発揮している洗濯機に、
放り込もうと? した私に「ダメ!」の声です。


???


折角の新品の性能だから、、ヒドイ汚れ物は却下、、だそうです。
しかし、、どうすれば良いのでしょう。
まさか、、外の流しで ” タライでゴシゴシ ” ですか?
(残念な事にタライはありません)



                                          「アソコ!」


ご近所の、、広い通りの向こう側、
新しく?できたコインランドリーに、、行けと言うのです。

         DSC05577.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

行けば良いのでしょう?
良いです。

行きますよ!


と、ガラリと空いた駐車場に車を停めます。
誰もいません。


もしかしたら、、お客さんが少なくて、、早期閉店したのでしょうか?
近付けば、、ウィイ~ンと開く自動ドアです。

ガランとした室内に、、並んでいる丸い窓、
端から見学してみます。



100円玉、ジャラジャラさせながら ” 勉強 ” です。

                 DSC05573.jpg


洗濯機の大きさで、、400円から700円まで、
自動乾燥は?



奥にあるのが乾燥機です!

          DSC05576.jpg



洗濯が出来上がったらコチラへ移して、、乾燥させるのですが料金は?

              


ああ、、10分で100円と書いてあります。

???


何分やれば良いのでしょう?

背中の方、、自動ドアからお客さんです。
慣れた手つきで取り出した袋の中身、、乾燥機に放り込んで、、ああ、、帰っちゃうのですね。




そうです。

大きなモノは乾燥が手間ですから、、ここで乾燥だけ!
放り込んで置いて、他のコトして、時間見計らって取りに来るのです。


そんな使い方、、知りませんでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
バスタオル等放り込んで、、20分ほど ” 熱いお湯で洗濯 ”
終わったら、乾燥機に入れて、100円玉3枚!


30分が過ぎたら乾燥機の扉開けて、終了。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



一度試したら、、アトは簡単です。



ハハ、、この位の選択物なら20分でも良かったみたいです。




もしかすると、、アレコレ使える場所かも知れないのです。

               勉強になりました。
CM: 6
TB: --

(44)    脱ぎました! 

              DSC05568.jpg

一体どうなっているのでしょう?


今日の最高気温は22度!
せっかちな河津桜は散る準備している様です。





上着とインナーのフリースを脱いでリュックに押し込みます。
薄いウインドブレーカーが強い陽射しに透ける様です。

ああ、、手袋もネックウォーマーもいりません。
皮膚に熱さが伝わって、、「これは、、」

DSC05572.jpg


強い西風に裏返る枝葉がザワザワ、パタパタと音を立てている中を、
スッ飛んで行く白い雲見上げながら歩きます。

背中をグイグイ押す風に速足!
いつもより元気に見えるのかも知れません。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 ” ウォオ~~ン ” 頭の上から風の鳴き声です。

      DSC05571.jpg


腕まくりして仰ぐのは初夏の青空ミタイ、


何だか季節も忙しそうな私の散歩道です。
CM: 6
TB: --

(43)    17度! 

               DSC05567.jpg
               

バイクのバックミラーに映るのは、
アクセル握る右腕と後方の景色です。




昼食後の庭仕事も一段落、汗を拭きながら考えたのです。
気温は17度にも届きそうです。

これなら?



暮れから再セッティングしたバイクのサスペンション!
試してみるチャンスでしょう。



だって、、飛び始めの花粉の量もまだまだ少ないでしょうから、
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ガレージから引っ張り出したバイク、
オイルや燃料、空気圧のチェックを済ませて走り出せば向かい風!

上着の裾が翻ります。



フロントのサスペンションの縮む速度を速くしましたから、ブレーキやコーナリングでの姿勢変化が大きくなったようです?
慣れるまでは慎重に、
今年最初のツーリングまでには完成させたいモノです。


空気圧がやや高めだからでしょうか、左右への動きも以前より速い様です。
交通量の少ない道路を選んで北へ向かいます。

久しぶりのエンジンの鼓動、
ステップに立ち上がれば久しぶりの ” 風 ” 
楽しみます。


bgg077(3).jpg
(コレは山梨までのツーリングの途中、30代半ばで逝ったOの後ろ姿です)


まるで初夏ミタイな空気を切り裂いて、
正面からの風を受けます。

脇をすり抜けて後ろへ飛んで行く景色です。



10kmほど走って微調整!
次は少しペースを上げてみます。


良い感じ、、です。
膝に合わせてバイクが左右に曲がりこんで気持ち良いのです。
コーナーの奥にOの背中が見える様に感じています。

最後まで追い付けなかった背中です。





2月を忘れて走ります。



     DSC05564.jpg


ピンク色の応援も頂いて?

今年も楽しみなツーリングの季節、
近付いてきた様で~~す。
CM: 4
TB: --

(42)    風景 ! 

鍋に入れる白菜を刻む音?
                        白菜


キュッ!  キュッ!  と聞こえました。





やっぱりサクサクが良いのです。

流しの下から取り出した ” 砥石 ” です。
ほんの数分でデキル簡単な事で別物に感じる程の切れ味です。

我慢できない性格が災いして、、いつも落ち着かないのです。

!!!


そういえば、随分前に亡くなった義母の趣味、

        DSC07912.jpg


木目込み人形、今年の干支のネズミもありました。

遅ればせながら、、棚の奥から引っ張り出して、、
ハハ、、子ネズミが小判クワエテ、可愛いのです。
親ネズミにあげているのでしょうか?


2匹のネズミを眺めて、
少し配置を変えてみます。

何か相談している様にも見えます。
何の相談でしょうかねぇ?

ノンビリとした時間が流れています。


DSC07914.jpg


棚の奥に
もう一つの人形を見つけました。


並べて見ます。


            DSC07915.jpg

一緒に出てきた人形はトラ!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アレコレ配置を変えて、、想像力を巡らしてみます。



やはり!


ネズミはチョロチョロ忙しく働いて、日常の家事炊事、、ツイデにお仕事も頑張って、
(ネズミ年の私の前に寝そべっているのは ” トラ年のカミさん ” なのでしょうか)


義母にはこんな風景が見えていたのかも知れません。(合掌!)
CM: 4
TB: --

▲Page top